二人目不妊!不妊検査迷うあなたへ

「不妊かも知れないけれど、病院にまで行こうとは恩わなどと思う人もいるでしょう。それも一つの選択です。子どもがいない人生もあってよいのですし、「できなければできないでよい」も一つの考えです。

しかし、「絶対にほしい」「子どものいない人生など考えられない」と思いつめているのに、「でも、検査がこわい」「そこまでの勇気が出ない」というのなら考え直してほしいものです。検査は上手な医師が行うと、卵管の検査もふくめて、痛みなどないのが正しいのです.

何歳くらいがベストか

「不妊検査に年齢はなどのですから、たとえ30歳すぎていても思い立ったら検査はすべき。まだ若いなら、なおけつこうです。第1子の出産年齢のピークは27〜30歳で、その後は急速に低下していますので、「30代後半になってもまだ不妊なら、一度検査を」と考えたほうがよいでしょう。

どこへいくか

不妊を専門にしているところです。二人目不妊専門病院は全国でも少ないのですが、遠くても、予約してから検査までの待ち時間が長くても、検査をきちんと行ってくれるところに足を運んだほうが時間のむだがないでしょう。特に全身の状態もチェックしてくれるところがベストです。

生理周期のいつ行くか

初診はいつでもかまいません。そのあとの検査は生理周期のいつごろという指定が出ますが、初診にはこれらの配慮はいりません。

何を持っていくか

必ず持参してほしいのが基礎体温表です。1〜2か月はつけて持参してください.この表で排卯の有無、リズム、ホルモン分泌の状態がかなりわかりますし、その後の検査のスケジュールを立てるのに役立ちます。以前からつけている人は古いものも持参してください。
また、できればいままでの病気や手術、結婚、妊娠、分娩、人工中絶などの記録をメモにして持参を。これがあると医師としてはたいへんありがたいことですし、時間のロスが省けます。

中絶体験についてですが、医師には守秘義務があるので、人工中絶の体験を話してもほかに漏らすことは絶対にありません。

夫が行かないとだめか

不妊検査の目的は夫婦の妊娠能力がどの程度あるかを医学的に確認することですから、夫婦ともの検査が必要ではあります。が、夫側に検査を受ける積極的な姿勢がないことが多いのも現実です。

こんな場合、まずは女性の不妊検査からスタートして、排卵直前に行う性交後粘液検査を受けるとよいでしょう。この検査で二、三度よい結果が出れば、男性の検査は必要ではありません。なお、よい結果が出なくても、粘液中に精子が見えると、精液検査に同意する男性がほとんどです

大地震発生!そのとき愛犬をどうする?ドックフードは?

日本は古来より、地震やl噴火など大規模な自然災害に悩まされてきました。遠くない将来、都市部に大型地震がくると予想されており、備えなければいけないのは人だけでなくいっしょにいるペットも同じです。最低でもライフラインが復旧するまでの数日間は無補給で暮らせるように、日ごろから準備しておきましょう。水は人と共用できますが、ドッグフードや常用薬の余裕は常にみておきましょう。
なお、ドックフードは無添加の安心できるドッグフードがおすすめです

一週間分く、らいは残っている間に補充しておきます。非常用飲用水は、ふだんから使っている水道水に似た組成の軟水にしておきます。輸入品の硬水は飲み慣れていないと、人もイヌも下痢を起こす恐れがあります。

災害時に、かかりつけの動物病院が正常に運営されている可能性は低いです。もらっている薬の内容を把握しておけば、どこか別の病院で薬を入手しやすくなりますので、具体的な薬剤名や用量も獣医さんに聞いておきましょう。

家屋にまで甚大な被害がでた場合は、安全のため、飼い主が避難所生活になるかもしれません。その場合、ペットの同伴は制限される可能性が高いでしょう。どこかに集められて隔離されるか、ボランテイア団体の支援にゆだねることになるかもしれません。最悪の場合は混乱の中、いまどこで誰に管されているのかわからなくなることもあるかもしれません。

災害発生直後にパニックで逃走して、そのまま行方不明ということもありえますので、首輪には連絡先の刻印されたがんじょうな名札をつけておきましょう。

匂いもストレスもニキビの原因になりうる

よく「ストレスでニキビができる」といいますよね。ただ、ストレスが直接ニキビの原因になるのではなく、ニキビができやすい環境をつくってしまうと言えるでしょう。
便秘の場合と同じく、ストレスがたまると、体内の活性化酸素が増え、それがげんいんとなって、毛穴にある皮脂が酸化してしまうため、毛穴が黒ずみ、さらにニキビに発展しやすくなると考えられます。
ちなみに、皮脂が酸化すると、ノネナールという物質を発生させるのですが、これがあの加齢臭のげんいんといわれていますので要注意です。若いうちはよいのですが、、年齢を重ねるごとに、皮脂が酸化しやすくなりますので、入浴などの際にしっかりと汗をかき、古い皮脂を洗い流す事をおすすめします。
ストレスは肌トラブルだけでなく、あらゆる病気を誘発してしまう可能性があり、年齢を重ねるごとにその可能性は大きくなるため、出来るだけ溜めないように注意したいところですが、そうはいってもなかなか難しいものですから、そういってもなかなか無図か良い者ですから、ストレス発散方法をいくつかもっていることが大切です。

また、免疫力を上げれば、ニキビの治りも早くなると考えられますから、免疫力をあげるというのもおすすめです。免疫力をあげるというと、何だが難しそうなきがしますが、実は簡単にできる方法があるのです。それは、笑顔をつくるということ。笑顔になると体内の免疫力を上げるナチュラルキラー細胞が増える事が分かっているので、普段からうやってみてはいかがでしょうか。
それともう一つ、入力をして一時的に体温を上げると、体の免疫力が上がるそうです。風邪をひいたときに熱が出るのも、体温をあげてウイルスを退治している反応といわれており、「免疫力を上げたい」という場合は、入浴やサウナなどで額にうっすら汗をかく程度に体温をあげるととても良さそうです。

今、お肌の状態に満足していますか?と聞かれたら私は堂々と「満足していません」と答えます

特にニキビは、多くの人が持つトラブルの悩みの一つですからね。
ニキビを繰り返す要因は、生活習慣、食習慣、スキンケアの間違い、生理前、などが考えられると言われています。
もちろん、生活習慣や食習慣を根本的に見直さなければニキビができやすい体質からは抜け出せないと思いますが、それらを見直しながら同時に自分にあったニキビの化粧品を使い正しいスキンケアを行うことでニキビに悩む頻度をより少なくしていけます。
もし私と同じように「何年もニキビに悩んでいる」「生理前のニキビがやばい」「自分なりにきちんとスキンケアをしているつもりだけど、肌の状態が思い通りにならない」「そもそも普段のケアの状態があっているのかわからない」というお悩みをお持ちであればビバレインをおすすめします。
今は、もしかしたら名は身のおおい裸もしれませんが、ビバレインを使うことで5年後10年後に同年代の誰よりも若くてきれいな肌を手に入れられるかもしれません。もちろんそれにはビバレインを使うことも大切ですが、お肌の手入れも大切ですよ。絶対怠ってはダメです。(笑)